バイオン-Mg60

お買い求めはこちらから。
https://bionmg60.thebase.in

「バイオン-Mg60」は、マグネシウムの
(1) 高い音響特性
(2) 軽さと強度を併せ持つ特性
を活かした、世界初のマグネシウムチューブ製スマートフォン用無電源スピーカーです。

マグネシウムはその高い音響特性から各種高級オーディオ製品に採用されている素材ですが、この度当社製品であるマグネシウムチューブは、その特性が評価され、パナソニック株式会社 テクニクスのターンテーブル新製品(SL-1200GAE/G(*1))用トーンアームパイプに採用されました。(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000018527.html
「バイオン-Mg60」は、その技術を活かした世界初のマグネシウムチューブ製スマートフォン用無電源スピーカーです。
(*1)SL-1200GAE(テクニクス50周年記念モデル)
http://jp.technics.com/products/1200gae/
SL-1200G
http://jp.technics.com/products/1200g/

1. SL-1200シリーズで認められた優れた音響特性。マグネシウムの高い振動吸収性によりいつものスマートフォンの音がワンランク上の音へ。

2. マグネシウムチューブの驚くほどの軽さと強度。インドア/アウトドアを問わず、いつでもどこでも音楽を楽しむことが出来ます。

3. マグネシウムならではのマットな金属感が醸し出す独特の質感。更にマットブラックやオリーブドラブなどのカラーもご用意し、お部屋のアクセントとしても最適です。

使い方はとても簡単です。お手持ちのスマートフォンを「バイオン-Mg60」の四角い穴に、丸い二つの穴が正面を向くように指すだけです。電源はいりません。

(ご注意1)スマートフォンのスピーカーの位置にご注意ください。

(ご注意2)「バイオン-Mg60」の四角い穴の中に、お手持ちのスマートフォンのスピーカーが入るかどうかご確認ください。

【参考】 「バイオン-Mg60」の四角い穴のサイズ: 幅85mm X 奥行18mm

インドア/アウトドア問わず、どこでもお使いいただけます。
また、とても軽くて丈夫なので、手軽に持ち運びいただけます。






「バイオン-Mg60」の重量は、わずか「291g」。
同じ形状を鉄で作るとおよそ「1164g」、アルミニウムで作ると「437g」になってしまいます。
これほど軽いのに、高いところから落としてしまったり足で踏んでしまっても、割れたり壊れたりすることはありません。

こうしたマグネシウムの特性を活かして生まれたのが、どこでも最高の音を楽しめる、マグネシウム製スマートフォン用無電源スピーカー「バイオン-Mg60」です。

素材:マグネシウム合金(ネジを除く)
製品のサイズ:W360mm×D60mm×H63mm
穴のサイズ:W85mm X D18mm
重さ:291g
塗装:粉体塗装
カラー:マグネシウム無塗装(Makuake限定)、マグネシウムクリア、オリーブドラブ、マットブラック、ライトグリーン、ピンク、オレンジ、スノーホワイト(全8色)

販売予定価格 8,800円(税別、送料別)

「バイオン-Mg60」の最大の特徴は、素材にマグネシウムを採用していることです。
そこで、東北大学 金属材料研究所 正橋直哉教授の資料をお借りして、マグネシウムについてご紹介します。

(ものづくり基礎講座(第32回技術セミナー)『金属の魅力をみなおそう第六回マグネシウム』より抜粋)

マグネシウムの特性の内、オーディオ製品に採用されている理由は、高比強度(強度/比重)と、高い振動吸収性です。

(日本マグネシウム協会ホームページより抜粋)

(Patents/US20060133639より抜粋)

こうした優れた特性により様々なオーディオ製品へ使われ始めたマグネシウムですが、当社が開発した技術により精密パイプ材へその活用範囲を広げ、パナソニック株式会社 テクニクスのターンテーブル新製品(SL-1200GAE/G(*1))用トーンアームパイプに採用されました。
(*1)SL-1200GAE(テクニクス50周年記念モデル)
http://jp.technics.com/products/1200gae/
SL-1200G
http://jp.technics.com/products/1200g/

本件については、以下リンクをご参照下さい。

株式会社マクルウのマグネシウム冷間引抜きチューブが、テクニクスのターンテーブル新製品(SL-1200GAE/G)に採用されました
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000018527.html

「バイオン-Mg60」の実力を定量的に把握するため、無響室にて「バイオン-Mg60」、更に「バイオン-Mg60」と同じ形状を鉄、樹脂で試作したモノを用意し、スマートフォン単体と合わせ周波数測定を実施しました。
スマートフォンはNOKIA LUMIA520、ホワイトノイズ(全ての周波数で同じ強度となるノイズ)を再生しました。
本測定により、「バイオン-Mg60」がスマートフォンの再生音で確認できた特定周波数の落ち込みをフラットへ近づけ、また他の素材よりもその特性が強いことが確認出来ました。

株式会社マクルウは、「マグネシウムの新たな世界を切り拓く」を理念に2010年に設立した「モノづくり系ベンチャー」です。

(Designed by KOMEYA DESIGN

100年以上工業的に使用されてきたマグネシウムですが、つい最近までは、他の金属のために使われる「縁の下の力持ち」でした。しかし最近では、精錬や合金開発等の技術の発展と、モバイル市場や軽量化ニーズの高まりにより、マグネシウムが主役の座に躍り出ようとしています。
一方で、マグネシウムとして利用するためにはダイカストという生産方法に限られると考えられてきました。

(ものづくり基礎講座(第32回技術セミナー)『金属の魅力をみなおそう第六回マグネシウム』より抜粋)

私たちは、マグネシウムの革新的な生産技術を開発することで、マグネシウムの特性を活かした新たな価値を創造できると考えています。

そこで、当社独自に開発した技術が、マグネシウムの冷間引抜き加工技術です。

当社創業者は冷間引抜き鋼管という主に自動車のショックアブソーバーやステアリングコラムに使われる精密鋼管を製造する会社を20数年経営し、エンジニア系経営者としてその技術を磨いてきました。当時、あるご縁でマグネシウムの冷間引抜き加工を含む産学連携コンソーシアムに参加したことでマグネシウムに出会いその技術開発を進めたのものの、想像以上にマグネシウムの加工は難しく断念せざるを得ませんでした。その7年後、冷間引抜き鋼管の会社を後進に譲ると同時に、「やり残した仕事」としてマグネシウムの冷間引抜き加工技術を開発するために創業したのが株式会社マクルウです。自ら設計した設備で、コンソーシアムで得たマグネシウム業界のネットワークで材料を調達し、様々な生産条件を試しては調整する文字通りの試行錯誤を繰り返すことで、マグネシウムの冷間引抜き加工技術を確立しました。会社設立から既に2年が経過していました。

その後、冷間引抜き加工技術に加え、マグネシウムパイプの曲げ加工や溶接も出来るようになりました。

こうした技術を活かし、様々な独自製品を開発しております。

マグネシウム合金製盲導犬ハーネスハンドル

マグネシウムチューブ製杖『フラミンゴ』
http://macrw.com/flamingo

マグネシウムチューブをフレームに採用した椅子 『Mt(マウント)』
http://mt-mg.com

生体分解性マグネシウム合金ステントを想定したマグネシウム合金チューブの冷間引抜き加工に成功
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000018527.html

高強度マグネシウム合金チューブを採用した最軽量四点杖『アルキメイト』
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000018527.html

マグネシウム合金製の超軽量家具シリーズ『Light tempo』
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000018527.html

このようにして磨いてきたマグネシウム加工技術を活かし開発したのが、「バイオン-Mg60」です。

2年の月日をかけて、マグネシウム以外の素材で製作した場合の比較検証、マグネシウムで製作した場合のパイプの太さ、大きさ、形状の違いによる検証を進めました。こちらは、様々なプロトタイプの残骸の一部です。

カラー:マグネシウムクリア、オリーブドラブ、マットブラック、ライトグリーン、ピンク、オレンジ、スノーホワイト(全7色)

「マグネシウムクリア」は、バレル研磨をかけたマグネシウム地肌にツヤ感のあるクリア塗装を施したものです。一部、パイプの長手方向にスジ傷が残っていますが、これはパイプの押出加工時に発生する傷です。

「スノーホワイト」は、凸凹ウネリの入ったテクスチャーの白色です。

Q:全てのスマートフォンで使えますか?
A:スピーカーの位置が下にあるスマートフォンはご使用いただけます。

Q:どのような音楽でも効果がありますか?
A:音の増幅という意味で全て効果があると考えております。音質に関しては感じ方に個人差がありますが、バイオリンやサックスの音色、臨場感といった観点で好評をいただいております。

Q:水に濡らしても大丈夫ですか?
A:問題ありません。ただ濡れたまま放置すると塗料の劣化につながるのですぐ水滴を拭き取ることをお勧めいたします。

Q:自分で好きな形に再加工ができますか?
A:マグネシウムは加工に独自のノウハウが必要になりますので、ご自身での加工はご遠慮ください。

保存

保存